摂り過ぎない DE トランス脂肪酸!

摂り過ぎない DE トランス脂肪酸!

先日健康診断があり、ついに『メタボリックシンドローム』の宣告を受けてしまいました。 肥満や血液ドロドロ状態は、EDも含めた様々な病気の引き金にもなりますからショックです。 これは改善しなくてはいけません。 しかし、いろいろな『脱メタボ』指導を受けたものの、なかなか実践できていません。

とりあえず、焼肉をがっつり食べる頻度を少しだけ減らしてみたり、 なんとなくヘルシーなイメージから植物性油脂が原料の食品を選んでいる程度になっていました。

そんな折、トランス脂肪酸が多く含まれるジャンクフードを食べ過ぎると精子の質に悪影響を与えるという研究報告を目にしました。 精子の質を悪くするということは、男性機能にとってかなり深刻な問題です。

摂り過ぎない DE トランス脂肪酸!

それにしても、トランス脂肪酸ってそもそも何でしょう?

トランス脂肪酸は、主に天然にできるものと、加工や加熱等によってできるものが存在します。 天然でできるものの代表的な食品は、牛・羊肉や乳製品です。 これは牛や羊などの反芻動物の胃の働きによって微量のトランス脂肪酸が生成されるためです。 人工でできるものの代表的な食品は、植物性油脂等を工業的に固体へ変化させたマーガリン・ショートニング等です。

マーガリン・ショートニング等は、安価で扱いやすい性質を持つので、 スナック菓子や菓子パンといったジャンクフードに用いられることが多いのですが、食感も保存性も良くなるため、 ジャンクフード以外の食品にも幅広く利用されているそうです。 脂質含有量はほぼ同程度ですが、植物性由来のマーガリンは動物性のバターと比較して、 約2~6倍もトランス脂肪酸が含まれています。
詳しくはこちら(→農水省:食品に含まれる総脂肪酸とトランス脂肪酸の含有量)をご覧ください。

トランス脂肪酸の摂取によって人間の体内では、LDL(悪玉)コレステロールを増やすだけでなく、 HDL(善玉)コレステロールの減少を引き起こします。 前述の男性の精子の質を悪くするという研究報告以外に、 女性を対象とした調査においてもトランス脂肪酸の過剰な摂取により不妊症リスクが高まることがわかったそうです。 そして生殖機能以外においても、生活習慣病や心臓病の発症、認知機能の低下といった様々な危険性が指摘されています。

摂取の基準として、1日の総摂取カロリーに対し、トランス脂肪酸1%未満であれば健康に問題ないという WHOの報告(→農水省:トランス脂肪酸について国際的に行われている取り組み)があります。 欧米等ではトランス脂肪酸による健康リスクの危惧が高まり、すでに使用削減や表示の義務等の規制が行われています。 そこで、日本でもトランス脂肪酸の法的規制を視野に入れた検討をおこないましたが、日本人は油脂そのものの摂取量が少なく、 なかでもトランス脂肪酸の摂取量は総摂取カロリーの0.5%以下であったという研究報告 (→ 農水省:トランス脂肪酸に関する調査研究)が公表されました。 このことから、日本では法的規制ではなく『トランス脂肪酸等の情報開示に関する指針』 (→PDFトランス脂肪酸の情報開示に関する指針の概要) としてまとめられ、 今後は事業者の自主的な情報開示や使用低減等の取り組み、消費者の判断にゆだねることになりました。

これまで私はトランス脂肪酸について全くの無知で、自分が選んできた食品にトランス脂肪酸が含まれていて、 少なからずメタボの原因にもなっていたのかと不安になりました。 しかし、調べを進めるにつれ、平均的な日本人はトランス脂肪酸の摂取量がかなり低く、 また、多少であれば摂取しても問題ないことがわかり、ひとまずホッとしました。 しかし、トランス脂肪酸の摂取によって、すぐに悪影響があらわれないのが厄介です。 現段階の日本では法的な規制もされていないことから今後も注意が必要です。 いずれにしても私は『メタボ』なのですから、脂っこい食事はひかえることにします。

ちなみに、ED治療薬は食事の影響を受けやすく、特に相性が悪い脂っこい食事の後の服用では充分な薬効が得られにくいそうです。 「レビトラ、シアリスは食事の影響を受けない」という情報もありますが、 バイアグラ同様に空腹時に服用して1時間ほどで効果が出てくると言われています。 からっぽの胃の中で薬がしっかり溶けてしまえば食事を楽しめますのでご安心ください。 こちら(→ バイアグラ、レビトラ、シアリスの溶解時間(溶け方)の比較)で検証しておりますが、 水でもすぐに溶け出しますので薬を噛み砕いたりする必要はありません。 『服用タイミングは、慌てず、忘れず』でよろしくお願いいたします。

マーガリンでもなく、バターでもなく、パンのおともにオリーブオイルはいかがでしょうか。こちらはパンに塗りやすいスプレッドタイプです。

トランス脂肪酸不使用のパン作りがホームベーカリーで簡単に!大ヒットのGOPANがコンパクトボディになりました。

油で揚げないのでトランス脂肪酸の心配無用!ポテトだけでなくいろいろな野菜のチップスでヘルシー度アップ!

おすすめお試しポイント!
  • トランス脂肪酸は体に悪影響
  • トランス脂肪酸を含んだ食品を摂り過ぎない
  • 油っこい食事の後はED治療薬の服用を避ける。
男アイテム
新規開院
渋谷駅前クリニック開院
2012年4月16日(月)に浜松町第一クリニック渋谷駅前院として渋谷駅前クリニックが開院しました。 渋谷駅東口目の前。渋谷ヒカリエすぐ隣りです。
罫線
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-22-13
渋谷東口マイアミビル9F
フリーダイヤル:0120-087822
TEL:03-6418-9910
渋谷駅前クリニックのご案内
締め付けなしDE男性機能UP
下着の締め付けは、男性機能の低下(ED)にも繋がります。
たかがパンツ、されどパンツ!
赤ワイン DE アタックチャンス
血管を広げ血流がアップし勃起障害(ED)の改善効果があります。
アルコール作用で緊張緩和
摂り過ぎない DE トランス脂肪酸!
トランス脂肪酸を含んだ食品を摂り過ぎない
トランス脂肪酸は体に悪影響!
カキ(牡蠣)DE今夜は英雄(ヒーロー)
カキ(牡蠣)はお好きですか?タウリンやグリコーゲンを豊富に含有!
男性機能を活性化!
炭酸水DEシュワ~
リラックスできずにいると、心と体のバランスが崩れていきます。
ボーア効果で決行促進!
打ちっぱなしDE脱マイナス
週23エクササイズ!と定義されていることをご存知ですか?
ストレス解消&メンタル強化!
夏はスイカDE旬男!
スイカにはED治療薬と一部同じ成分が含まれていることをご存知でしょうか。
スイカは天然のバイアグラ!
トマトDE無敵
男性不妊の予防・改善する効果がトマトに確認されたのをご存知ですか?
継続摂取することでEDに効果!
抹茶DEビュー
EDは生活習慣病を自覚できる初期症状の一つ。抹茶の β-カロテンで予防。
抹茶デビューしよう!
ED改善にオススメの男アイテム! |HOMEこのサイトについて
ページのトップへ